倉下さんの歌声に誘われて。「ブログを10年続けて、僕が考えたこと」を読んで考えたこと。

スポンサーリンク

できることなら、私は歌うように記事を書きたい。

「ブログを10年続けて、僕が考えたこと」、この本はよくあるどうすれば稼げるとか、ウケるタイトルはどうつけるかといったような本ではありません。そういったノウハウというよりブログそのものに重点を置いています。

これまでのブログ、ブログの現状、そしてこれからのブログに期待することが書いてあります。

ブログを読むのが好きなひと、ブログの多様性とか文化が好きなひとなら読んで損はありません。

この本にはブログを継続してきた著者が語るブログの楽しさが書かれています。

もしあなたが情報があふれている今の社会で、受け取るだけでは物足りないというのならこの本を読んでみてください。

著者の倉下さんもこう書いています。

「自分が読者ではいられないこと」。それが<自分のブログ>の軸となりえます。

「読者ではいられないこと」、「ひとこと言わずにはいられないこと」

そのようなことがあるならブログを始めるタイミングです。この本を読むと、ブログでなくても人へ何かを発信したい気持ちが高まります。

もしあなたがブログで迷っているなら、この本を読んでみてもいいかもしれません。

例えばブログの方針について迷っているなら、こんな道もあるよと耳元でささやいてくれるでしょう。

ただしそれは超人気ブロガーになるとかそんな道ではありません。しかし、私にはとても魅力的な道に見えました。

この本を読んで、私のブログ方針も少し変わりそうです。

倉下さんにまんまと変えられてしまったわけです

読む人に、変化を与えたいのです。それは笑いかもしれませんし、知恵かもしれませんし、皮肉かもしれませんし、哲学的な問いかけかもしれません。

なんであれ、呼吸するようにブログを書くだけでは、つまらないのです。

でもこの本を読んでとてもよかったと思います。

人気ブログとかそんな道からはどんどん離れていっている気がしますが、この道はなんだかとても楽しそうです。

そもそも私がブログを書き出したのは、ブログを読んでいるだけの自分よりも発信している人たちの方が楽しそうだと思ったのが始まりでした。


スポンサーリンク
336×280レクタングル
336×280レクタングル

おやくにたてましたでしょうか。よろしければシェアいかがですか?

おやくにたてましたでしょうか。よろしければフォローもいかがですか?