どのように人工知能と向きあうか?「不屈の棋士」感想

スポンサーリンク

羽生善治は将棋ソフトより強いのか。渡辺明はなぜ叡王戦に出ないのか。最強集団・将棋連盟を揺るがせた「衝撃」の出来事、電王戦でポナンザに屈した棋士の「告白」とは? 気鋭の観戦記者が、「将棋指し」11人にロングインタビューを敢行。プロとしての覚悟と意地、将来の不安と葛藤……。現状に強い危機感を抱き、未来を真剣に模索する棋士たちの「実像」に迫った。

人工知能が人の仕事を奪う。その予測をネットや新聞、雑誌などで目にしたことがあるひとは多いと思います。将来的には今の仕事の半分が人工知能にとってかわられると過激な予測もあります。

その予測をみてばくぜんとした不安を抱く人も多いのではないでしょうか。わたしもそんな不安を抱いた1人です。

そんな不安を持つ人に読んでほしいのがこの「不屈の棋士」です。

いまプロ棋士よりも強い将棋ソフトが存在しています。つまり自分たちより仕事ができる人工知能がいるわけです。

例えば叡王戦トーナメントを勝ち抜いたプロ棋士と将棋電脳トーナメントを勝ち抜いた将棋ソフトが勝負して、プロ棋士側が一勝もできずに負けてしまいました。

また最近では三浦九段が試合中に将棋ソフトを使ったカンニングの疑いで処分を受けています(記事)。この三浦九段は羽生の七冠を崩した方で、かなりの実力者です。そんな方でも将棋ソフトに頼ってもおかしくない。それぐらい将棋ソフトは強くなっています。

プロ棋士とは将棋の強さで食べている人たちです。その強さで上回られたときどう考えるのか?そしてどう対応しているのか?

いま私たちがやっている仕事が人工知能のほうがうまくできるとなったときどうすればいいのか?この本にそのヒントがあると感じました。

わたしは将棋には詳しくありません。駒の動かし方を知っているぐらいです。そんなわたしでも知っている羽生さん、渡辺さんのインタビューもあり、将棋に詳しい人ならよりおもしろいと思います。

プロ棋士たちがどう考えたか詳細は本書を読んでいただくとして、印象に残ったことを何点か触れたいと思います

将棋ソフトより強い棋士がいるとしたら羽生さんぐらい

将棋ソフトはプロ棋士よりも強い。そういった見方が強まる中でも羽生さんだけは別格とされています。将棋ソフトに勝てるとしたら羽生さんだけ。素直にかっこいいですね!

──羽生さんでもソフトに勝つのは厳しいですか。
勝又 でも本当はね、羽生さんがベストのパフォーマンスをすれば勝つ気がしますけど。
──それは今も、ですか。
勝又 うん(小声で)。羽生さんはレーティングなどすべての数値が別格というのは、開発者側からも言われています。

不屈の棋士 No.1100

人工知能が固定観念を崩す。

将棋ソフトにより将棋の格言、定石がどんどん変わっていったそうです。将棋ソフトは常識に縛られない。固定観念もない。だから新しい手が見つかります。

つまり人工知能がわたしたちの仕事に関わりだせば、常識や固定観念がどんどん覆されていく可能性があります。その状況に対する覚悟はもっておく必要がありそうです。

人間にしかできないことがある

将棋ソフトにはできない手が人間にはさせます。例えば形勢が悪いところからの逆転を狙うためのさし方です。惑わせたり、意表を突いたりする指し方が人間にはできます。

この人工知能ができることと、人間にしかできないことを見分けることが人工知能を使うための第一歩という気がします。そうすれば人間と人工知能で協力するやりかたも見えてきそうです。

──ソフトに指せなくて人間に指せる将棋はありますか?
勝又 まだまだいくらでもありますよ。一つは形勢が悪い時の指し方です。「悪い時には戦線拡大」という格言に基づいて、火種をたくさん作って相手を惑わせる。自玉を鉄壁にしておいてじーっと辛抱する方針もある。あるいは最後の突撃に出る。人間には逆転を狙う指し方がありますが、コンピュータにはそういう選択肢がありません。
不屈の棋士 No.1256

プロ棋士の価値は?

プロ棋士がソフトより弱いからと言って価値が失われるわけではありません。ただ将棋の強さ以外の価値が必要になってくるでしょう。

例えば今年行われたリオのパラリンピックではオリンピック選手と同等かそれ以上の記録を出す選手がいました。その一人がマルクス・レーム選手です。その選手は義足を使っています。これから義足性能が上がっていけばオリンピックの金メダリストよりながく跳べたり、はやく走れる選手もでてくるでしょう。

そのとき義足ではない陸上選手はどのような価値を提供できるのか?

これまでは最強、最速という価値があった。ではこれからは?

これからのプロ棋士も義足ではない陸上選手のようにどのような価値をファンに提供できるかが鍵になってきます。ただスポーツなどは素人でもすごさが分かりやすい反面、将棋のような競技はすごさがぱっと見て分かりにくいのがネックになりそうだなという気がしています。

終わりに

単純に読み物としても面白いですし、将棋か人工知能に興味がある方ならさらに面白いと思います。

これからの時代に対応するヒントがここに。ゆうびんやでした。


日記、メモ帳、ライフログなど記録の楽しさを共有する新ブログ「Log is Fun!!」始めました。もしよろしければご覧ください。

記録が幸せへの近道。Log is for Happy!!
スポンサーリンク
336×280レクタングル
336×280レクタングル

おやくにたてましたでしょうか。よろしければシェアいかがですか?

おやくにたてましたでしょうか。よろしければフォローもいかがですか?

コメント

  1. […] どのように人工知能と向きあうか?「不屈の棋士」感想 | 1UP Letters […]

  2. look-east より:

    興味深い記事です。
    下に同じテーマのブログがあります。読んでみると、面白いかもしれません。
    将棋・囲碁とコンピュータの未来視
    http://perfect-chaos.cocolog-nifty.com/blog/