電車内での化粧はなぜもやもやするのだろうか?その対策は?

スポンサーリンク

電車通勤をしているといろんな人がいます。

ときどき見かけるのが化粧をしている女性です。この姿を見るとなぜかもやもやした気分になります。

それはなぜなのか、少し考えてみました。

プライベートな面を見せられる

まず考えられるのが見たくないプライベートを見せられているということです。

素顔から余所行きの顔に整えているわけですから、私的な自分から公的な自分になっている途中といってもいいと思います。

例えるなら部屋着から仕事着に着替えているところを見せられているとか、男が電車で髭を剃っているのを見せられるというものと同じかもしれません。

あるいは知らない人のfacebookを見せられているような、そんな心持ちになっている気がします。

そんなプライベートをみせられるとこっちとしても対応に困るのでもやもやするのかもしれません。

人として見られていない

さらに考えを進めてみます。

電車でプライベートを見せても大丈夫と考えている人は、周りの人間を人として扱っていないのではないかということです。

例えば職場の机で化粧したり、髭剃ったりってしないと思うんですよね。

そこにはやっぱり人に見られて恥ずかしいという意識があるからだと思います。

その考えを逆にすると、自分の目の前で化粧をするということは人として見られていないんじゃないかという考えに結びつきます。

それがもやもやにつながっていたのかもしれません。

対策は?

自分ができる範囲でこのもやもやを回避するなら、やはり見えない場所へ移動することが一番手っ取り早いですね。

しかし満員電車で動けない場合は「時間がなくて、周りに申し訳ないと思いながら化粧しているんだろう」と思うと効果的な気がします。

「人として見られていない」ことはないと考えられればいいのかなと。実際そういう人の方が多いのではないかと推測します。

またこういった電車内でのもやもやの根本的対策として、今考えているのは瞑想です。

瞑想は注意を自分の向けたいものに向ける訓練であるという面があります。

満員電車の中でも音漏れや化粧に気を取られることなく、自分が注意を向けたいものに注意をむけられるようにする。

この点は取り組んでいきたいなと思います。

終わりに

対策としては相手を変えようとするのではなく、自分の感情をいかにコントロールしてやるかが重要かなと思います。

それは電車の中だけでなく、いろんな場面でも応用できそうです。

ゆうびんやでした。


日記、メモ帳、ライフログなど記録の楽しさを共有する新ブログ「Log is Fun!!」始めました。もしよろしければご覧ください。

記録が幸せへの近道。Log is for Happy!!
スポンサーリンク
336×280レクタングル
336×280レクタングル

おやくにたてましたでしょうか。よろしければシェアいかがですか?

おやくにたてましたでしょうか。よろしければフォローもいかがですか?