日記を振り返るときにだいじな3つの視点

スポンサーリンク

日記を振り返ることは楽しいものです。ただ読み返すだけでもこんなことがあったんだとか、こんなことを思ってたんだと楽しむことができます。

しかし日記をもっと活用したいのであれば3つの視点を持って振り返ると有効活用できます。

今後にどうすれば活かせるか

ひとつめは「今後にどうすれば活かせるか」という視点です。

たとえば日記を読み返しているといろんなことが分かります。

  • 夜の方がネットやスマホをいじりやすい。
  • 休憩のとき見たサイトが開いたままだと仕事から脱線しやすい
  • 飲み会翌日の午前中は頭が回りにくい
  • プレゼンでは緊張しやすいから練習していなかったことは言えない

これらの気づいたことをそのままにしてはもったいないです。気づいたことをどう活かすか考えるとより自分自身をコントロールできます。いくつか活かし方の例をあげてみます。

・夜の方がネットやスマホをいじりやすい。
→スマホの時間を減らすためには夜はリビング以外でスマホを充電する。寝室の離れたところでスマホを充電すればいい

・休憩のとき見たサイトが開いたままだと脱線しやすい
→脱線しないためには終わったら閉じる。もしくはサイトを開ける時間を制限するアドオンを使う

・飲み会の次の日の午前は頭が回りにくい
→飲み会の次の日に新しい仕事や難しい仕事を入れない

活かし方を考えると自分自身をよりうまくコントロールできます。自分自身をどうコントロールしたいのか、じぶんはなにがしたいのかを少し頭において日記から分かったことをどう活かすか考えてみましょう。

どうすれば再現できるか

二番目の視点は「どうすれば再現できるか」という視点です。1番目のどうすれば活かせるかに似ているかもしれませんが再現することにより重点を置いています。

日記を振り返っていると、「この日はいい一日だったな」とか「この時間をもう一度過ごしたいな」と思うことがあります。

たとえば平日に家族と一緒に夕ごはんを食べて楽しく過ごせたとします。ここで日記を振り返ったときに楽しかったなと思うだけでなく、その時間をもう一度再現するためにはどうすればいいのかを考えてみましょう。理由はいろいろと考えられます

  • 残業をせずに帰ったから
  • 疲れていなかったので会話を楽しむ余裕が持てたから
  • 早く帰ったのでこどもが元気だった

などなど理由はさまざまでしょう。この理由が分かればどうすれば再現できるかが分かります。

どうすれば実行できるように落とし込めるか

これは上2つの視点からわかったことを実行するためにどうすればいいかをさらに深堀する視点です。日記からの気づきを活かす方法や再現する方法が分かっても実行できなければ意味はありません。

たとえば、家族で夕ごはんを食べて楽しく過ごすためには残業せずに帰らなければいけないと2つ目の視点「どうすれば再現できるか」で分かったとします。ただこれだけではなぜ残業しないで帰れたのかわかりません。残業しないことを再現するためにはその理由が分かればより再現しやすくなります。残業せずに帰れた理由を考えると、たとえば下のようになります。

残業をせずに帰った。

残業をせずに帰れたのはなぜか?

睡眠時間をしっかりとってよく眠れたから

睡眠時間をしっかりとれたのはなぜか?

スマホをいじらずに早く寝た

つまりここではスマホをいじらずに早く寝たことが家族と楽しく夕ごはんを食べられた理由だと考えられます。これはひとつの例です。他にも帰りぎわにあった飲み会の誘いを断ったからといったいろいろな理由が考えられます。

大事なのはその理由から行動にどう落とし込めるかです。

スマホを夜にいじらない!と心に決めるだけでは人間なかなか実行できません。たとえばスマホをいじらないと家族に伝えておく、あるいはスマホを別の部屋に置くなどの方法を使えば私の場合はスマホは使わないようになると思います。

大切なのはじぶんでコントロールできる方法に落とし込むことです。

もしどうすればいいかわからなければ、いままでの日記の中にそのヒントがあるかもしれません。スマホを夜にいじらない方法であればどんなときにいじらなかったかが書いてあれば、そこからヒントを得ることができます。

終わりに

3つの視点を日記を読み返すときに持っておくと、より日記を活かすことができます。せっかく日記を書いているのですから、ぜひ日記を効果的に使っていただければと思います。

ゆうびんやでした。

スポンサーリンク
336×280レクタングル
336×280レクタングル

おやくにたてましたでしょうか。よろしければシェアいかがですか?

おやくにたてましたでしょうか。よろしければフォローもいかがですか?