日記を続けるために!お悩み別おすすめ対処法まとめ

スポンサーリンク

もうすぐ新年を迎えます。この機会に日記を書いてみたいけど続けられるか分からないし、日記って効果あるの?と思っている方のために悩み別の対処法をまとめました。すこしでもあなたのお役にたてば幸いです。

どんな書き方をすればいいかわからない

手始めに一行日記ではじめてみる

どんな書き方がいいかわからないのであれば、手帳やノートに書く1行日記はいかがですか?簡単な書き方なので習慣にしやすいし、日記の効果もわかります。

簡単だけど効果的な日記の書き方!1行日記のすすめ
今回は日記をつけたいけど忙しくて時間がない人や日記の楽しさがわからない人におすすめの日記の書き方、「1行日記」をご紹介します。 1行日記は...

一行日記で日記になれたら書き方を変えてみる

まずは一日の最後に今日あった感謝したい出来事を書く感謝日記です。今日あった感謝したい出来事を3~4行書いてみると気持ちよく一日を終えることができます。

感謝日記を書いたら確かに幸せな気持ちで一日を終えられた話
一日の終わりに感謝したことをworkflowyに書き出しています。感謝日記という形で聞いたことがある人もいるかもしれません。今回は3分もかか...

もっとボリュームを増やしたいと思ったら、自分の「行動」を書いてみましょう。自分がなにをしたか書いていくだけで立派な日記ができあがります。

日記に何を書いていいか分からない人はまず「行動」を書いてみよう!
日記を続けるうえで問題になりやすいのが何を書けばいいのか分からなくなることです。旅行やどこかにでかけたならまだしも、特にイベントもなかった一...

「行動」だけでは物足りないのであれば、未来の自分へ伝えたいことを書いておきましょう。たとえばこどもの成長ぶりについて。あるいは読んでおもしろかった本。今日の食事などじぶんに伝えたいことを書いていきましょう。

日記は未来への手紙。日記を書きたい人へ送る「日記を書き始めるための第一歩」
前回は日記と自分を知るということ、そして自分を知ることと幸せとの関係について書きました。では自分を詳しく知るためにはどんな日記を書けばいいで...

また未来の自分へ残したいことを質問にしておくと忘れずにすみます。(例:きょう娘とどんなことをして遊んだ?)

質問と組み合わせると日記に書くことはいくらでもでてくる
日記を書けない理由によく上がるのが「今日は書くことがない」ということです。その解決策の一つとして「行動」を書けばいいと以前お話しました。 ...

日記に書く内容が増えてきたら日記にタイトルをつけると日記を振り返りやすいです。

日記に毎日タイトルをつける3つの理由
今年の一月から日記に日付だけでなくタイトルをつけるようにしています。 今日はどんな一日だったのか、なにがあったのかといったことを自分なりに...

ひとりじゃつまらないという方は家族と一緒に書く家族日記はいかがですか?

1人で書くだけが日記じゃない。夫婦でいっしょに書く家族日記をやってみた。
タイトルの通り、夫婦で同じ日記帳に書く家族日記をやってみました。使っているのはほぼ日手帳です。知っている人は多いと思いますが、この手帳は一日...

手書きのものかデジタルにするか

写真や映画のチケットを貼ったりするなど思い出、感情を重視するなら手書き。スマホでいつでも書ける、検索しやすいなどを重視するならデジタルをおすすめします。わたしは思い出を重視する家族日記は手書きで、個人の日記はスマホを使って書いています。

日記を書き始めるなら手書き?デジタル?
自分を知るために日記を書こうと考えたとき、最初に突き当たるのが日記を何に書くかという問題です。 手書きとデジタルにはそれぞれにメリットあり...

書いていない日やうまく書けない日がある

ひとは完璧ではありません。うまい文章を書く必要はありません。一日書けなくてもまた書けばいいんです。3日坊主を1年に100回やれば300日やったことになります。

日記が続かない人へ。日記への理想が高すぎになっていませんか?
日記は三日坊主の代名詞です。日記が続かない大きな理由としては「うまく書けない」というものがあります。そして「うまく書けない」のは日記というも...

日記に書くことがない

繰り返しになりますが「行動」を書けば書くことには困りません。

日記に「行動」を書くことでありのままの自分がはじめて分かる
前回日記を書くのには「行動」が書きやすいとお伝えしました。「行動」を書くことのもう一つの効果は、自分のセルフイメージを正確につくれることです...

未来の自分に読んでもらいたいことを書きのこしていく方法もあります。

日記は未来への手紙。日記を書きたい人へ送る「日記を書き始めるための第一歩」
前回は日記と自分を知るということ、そして自分を知ることと幸せとの関係について書きました。では自分を詳しく知るためにはどんな日記を書けばいいで...

また自分が書きたいことを質問としてしまえば書きたいことを記録していけます。

質問と組み合わせると日記に書くことはいくらでもでてくる
日記を書けない理由によく上がるのが「今日は書くことがない」ということです。その解決策の一つとして「行動」を書けばいいと以前お話しました。 ...

日記を書くことを忘れてしまう

日記帳を見えるところに置いておく。あるいは手帳を見返す習慣があれば、手帳に日記を書いてしまうのも手です。思い出すきっかけを作っておく。またはすでにある習慣にくっつけるとスムーズに日記を続けられます。

一緒に書く人がいれば忘れにくいので家族日記にしてしまうのも効果的です。

1人で書くだけが日記じゃない。夫婦でいっしょに書く家族日記をやってみた。
タイトルの通り、夫婦で同じ日記帳に書く家族日記をやってみました。使っているのはほぼ日手帳です。知っている人は多いと思いますが、この手帳は一日...

日記を書くメリットがわからない

日記にはたくさんの効果があります。そのなかのひとつが「自分を知る」ことです。自分のことぐらい知っているよという声が聞こえてきそうです。でもちょっと待ってください。本当にそうですか?

たとえばあなたが一番調子のいい時間帯はいつですか?あるいは今日あなたがやったことを7つ思い出せますか?日曜の夕方にさびしい気持ちになるのは土日になにをしたか忘れてしまっているからではありませんか?自分が幸せだと思うときはどんなときでどうすれば再現できますか?

これらは日記ですべてわかります。そして日記の効果のほんの一部でしかありません。以下の記事は日記の効果について書いたものです。日記の効果が少しでも伝わればうれしいです。

一日のリズムを理解して、自分自身を使いこなそう
自分を使いこなすためには、まず自分を調べて、理解する必要があります。自分のことは知っているようで、知らない部分もありますし、何から調べたらい...
毎日代わり映えしないなと思っているあなたはすぐに日記を書こう
人間は慣れる生き物というのはご存知だと思います。環境に慣れてしまうことで、最初は幸せに思っていたことに対して何も感じなくなってしまうというこ...
幸せになりたいあなたへ送る「日記のすすめ」
突然ですが、あなたは幸せな生き方とはどんなものだと思いますか?お金持ちであること、有名であること、何かで一番になること、はたまた家族と一緒に...
感謝日記を書いたら確かに幸せな気持ちで一日を終えられた話
一日の終わりに感謝したことをworkflowyに書き出しています。感謝日記という形で聞いたことがある人もいるかもしれません。今回は3分もかか...
日記はピエロである
日記はピエロである。 なぜ日記を書くのか。それは昔の王様が、ピエロをわざわざ召し抱えていたことに似ている。
「日記の効果」の記事一覧です。

日記はいつ書けばいい?

わたしがおすすめするのはスマホなどでちょこちょこ書き足していく方法です。しかしここは人それぞれだと思います。夜にゆっくり一日を思いだしながら書きたいという方もいるでしょう。夜に書くと嫌なことなどをネガティブにとらえてしまいそうであれば、朝に昨日のことを書くことで前向きに日記を書くこともできます。

それぞれの生活リズムにあった書き方をするのが続ける上でも大事です。

こちらの記事では書きたいと思った時に書く効果や職場で日記を書くポイントについて書いています。

日記が続かない人は書くタイミングが問題かも。日記を書くベストタイミングはいつ?
日記書くとしたらいつ書きますか? 多くの人は夜、一日の終わりに書くことをイメージすることが多いと思います。 しかし、そのやり方だと印象に...
職場のパソコンで日記を書くための4つのポイント
日記を書くタイミングは、自分が書きたい思った時にすぐ書くのがベストだと以前書きました。 では職場ですぐに日記を書くにはどうすればいいで...

終わりに

いかがでしたでしょうか。日記の振り返り方などまだまだ書き足りない部分があるので記事を書いたら追記していきます。

楽しい日記生活を過ごす手助けになればうれしいです。

ゆうびんやでした。


日記、メモ帳、ライフログなど記録の楽しさを共有する新ブログ「Log is Fun!!」始めました。もしよろしければご覧ください。

日記、手帳、メモ帳、ノート、ライフログなど記録の楽しさ、大切さを共有するサイト
スポンサーリンク
336×280レクタングル
336×280レクタングル

おやくにたてましたでしょうか。よろしければシェアいかがですか?

おやくにたてましたでしょうか。よろしければフォローもいかがですか?