日記が続かない人へ。日記への理想が高すぎになっていませんか?

スポンサーリンク

日記は三日坊主の代名詞です。日記が続かない大きな理由としては「うまく書けない」というものがあります。

そして「うまく書けない」のは日記というものへの理想が高すぎるということが1つ原因としてあると思います。

日記への理想の高さ

日記への理想はなぜ高くなってしまうのでしょうか?

日記はプライベートなものですから他の人の日記は普通読めません。

読めるのはアンネの日記や小説家のエッセイのような文章力のある素晴らしいものです。

あるいはセンスのあるブロガーさんの記事などです。

それが知らない間に日記を書くことへのハードルを上げている気がします。

「日記を書くからにはセンスのある文章を書かなくてはいけない」

「なにか面白く書きたい」

こんな先入観ができていませんか?

私も過去に経験があります。

一日が終わって日記を書こうとします。

でも一日を振り返ってみても特別なことはなかったし、何を書けばいいのかわかりません。

その結果「今日も楽しかった」「今日もがんばった」と書くだけでした。

そんな自分に嫌気がさして日記を書かなくなってしまいました。

今まで読んできたエッセイなどのセンスある文章が勝手にイメージされていたのだと思います。

日記とは何か

日記を続けるためには「うまく書かなければいけない」という先入観は必要ありません。

日記とはなんでしょうか。

深く考えなくてもいいと思います。

日記はただの記録です。

日記はあなたの毎日の記録です

文章で書かなければいけないという決まりはありません

手帳に今日何をしたか箇条書きするだけでもそれは日記です。

写真でも何でもいい。体重の記録だけでも日記です。

SNSへの投稿でも、「今日も楽しかった」だけでも立派な日記となります。

だから日記に「うまい」も「下手」もありません。

終わりに

この日記への理想の高さが日記が続かない大きな原因だと思います

日記は単なる記録です。

さらに言えば書けなかった一日があっても、それも記録です。

日記を書けるようになる過程を記録しているんです。

書けなくてもそれぐらい気楽でいいと思います。また少しずつ書き始めればいいのです。

大きすぎる理想を抱えて進めなくなるより、小さな一歩を重ねて理想へ向かっていくほうがいいと思います。

日記を書き続けていれば、自分の理想とする日記が書けるかもしれません。

日記には完璧主義も天敵です。

ゆうびんやでした。


日記、メモ帳、ライフログなど記録の楽しさを共有する新ブログ「Log is Fun!!」始めました。もしよろしければご覧ください。

記録が幸せへの近道。Log is for Happy!!
スポンサーリンク
336×280レクタングル
336×280レクタングル

おやくにたてましたでしょうか。よろしければシェアいかがですか?

おやくにたてましたでしょうか。よろしければフォローもいかがですか?