情報カードをしおりに使うと本を読むのが捗る理由

スポンサーリンク

本に挟むしおりに何を使っていますか?私は無地の情報カードを使っています。

今回はこの情報カードをしおりに使う理由をご紹介します。

しおりで自分へのバトンを渡す

情報カードを使う理由は紙が厚いので本に挟んでおいても折れ目がついたりよれよれになったりしないということです。また立ったままメモを書くときにも、紙が厚いので書きやすいということもあります。

そしてしおりに使っている情報カードに書き込みをすることで次に読む自分へバトンを渡すことができます。

ではどんなバトンを渡すのか?私は次のようなことを書き込んでいます。

この本を読む目的、どう読むのか

例えばこの本を読む目的は知識が欲しいのか、それとも何か自分に対する刺激が欲しいのか、面白い話が読みたいだけなのか。

読み方は精読するのか、スピードを重視するのか。つまらなかったら途中でやめるのかどうか。

他にも例えば有名な斎藤孝先生の3色ボールペン法を使い出だした時は赤、青、緑の線はどういう分類でひかれているのかについて書いておきました。

感想、アイディアをメモする

本を読みながらメモしたくなることがあります。

こんなときにしおりに情報カードを使っておけば、メモ帳が手元になくても困りません。何枚か本の最後に挟んでおくのも便利です。

再読するときに楽しい

同じ本をもう一度読むときに、「前回はこういう目的で読んでいたんだな」と以前の情報カードが挟んであれば思い出せます。

感想や考察、得られたアイディアについて断片的でもメモしておくと、再読した時にメモからさらに考察できたり、アイディアをだせたりすることが期待できます。

本を読むときに過去の自分からどんなバトンが手渡されるのかというのも結構楽しみです。

もちろんノートやパソコンに感想を入れて置いて読み返すという方法もあります。ただしおりに書いておくとある意味強制的に前回を思い出させてくれるのが面白いです。

ただ他の人にも読みそうな本だと感想読まれたとき少し恥ずかしいので注意ですね(笑)

終わりに

しおりでバトンを渡していくことで、本を読む効率や楽しさがアップしました。この方法は本を何冊か並行して読むタイプの方に特におすすめです。

他の使い方としては海外の小説だと名前が覚えられなくなってきているので、キャラの名前を書き込んだりしています。

もし他にも工夫できそうな方法があったりしたら、ぜひコメントやツイッターで教えてください!


日記、メモ帳、ライフログなど記録の楽しさを共有する新ブログ「Log is Fun!!」始めました。もしよろしければご覧ください。

記録が幸せへの近道。Log is for Happy!!
スポンサーリンク
336×280レクタングル
336×280レクタングル

おやくにたてましたでしょうか。よろしければシェアいかがですか?

おやくにたてましたでしょうか。よろしければフォローもいかがですか?