[号泣]透明なゆりかごを読んで「あなた」がいることの幸せを再確認した話

スポンサーリンク

ふらっと昼休みに入ったネットカフェで「透明のゆりかご」というマンガに出会いました。ちょっと読んでみるかぐらいの気持ちで読み始めたら3話目ぐらいで涙ボロボロに。これ以上昼休みに読んだらいけない本だと思って、kindleで買って家で号泣してしました。

この本を読んで感じたのはわが子が元気でそばにいることがどれだけ幸せなのかということでした。

例えばこの本では赤ちゃんの死についての話が多く出てきます。(もちろんそれ以外のエピソードもあります)中絶、母乳をあげているときの突然死や乳幼児突然死症候群などその原因はさまざまです。

この本ではそれらの死を描くことを通じて子どもが元気でいてくれることが大げさな言い方をすればどれだけ奇跡的なのかを教えてくれているような気がします

絵はお世辞にもうまいとは言えません。しかし伝える力は強いものがあると思いました。

わたしもひとりの父親として育児をしています。育児をしていればどんなにかわいいわが子であってもいらいらしたりすることはあります。疲れてる時に泣き止まなければ途方にくれることもあります。

そんなときにこのマンガに出会いました。もしわが子がこのマンガの子供と同じようなことになったら?そう思うだけで涙が止まりませんでした。

「あなた」が元気でいてくれる。それがどれだけ幸せなことなのか。

「あなた」が産まれてきてくれた時どれだけうれしかったか。

思い出して今も少し泣きそうです。

「透明なゆりかご」は子どもが突然死するといった描写があります。ですから心配性なお父さん、お母さんは読まない方がいいかもしれません。わたしもこの本を読んで寝てる娘の様子をうかがう回数がふえました。

ただ育児に疲れているお父さん、お母さんには一度読んで欲しいです。

もちろん疲れてないお父さん、お母さん、子どもがいないかたでも十分満足していただけると思います。

育児の幸せ、楽しさを再確認できるはずです

ゆうびんやでした。

Amazonで高評価なのも納得です。


日記、メモ帳、ライフログなど記録の楽しさを共有する新ブログ「Log is Fun!!」始めました。もしよろしければご覧ください。

日記、手帳、メモ帳、ノート、ライフログなど記録の楽しさ、大切さを共有するサイト
スポンサーリンク
336×280レクタングル
336×280レクタングル

おやくにたてましたでしょうか。よろしければシェアいかがですか?

おやくにたてましたでしょうか。よろしければフォローもいかがですか?