【バリウム検査、AR、人工知能】先週気になったニュース、記事、本のまとめ

スポンサーリンク

先週おもしろかった記事やニュース、本を紹介するこのコーナー。

あなたに少しでも響けば幸いです

気になったニュース

バリウム検査による被ばくについて

みなさん健康診断などでバリウムを使った試験をやっていると思います。しかし発見率の低さ、費用が高いこと。また被ばくの問題もあることはご存知ですか?

プレジデント今月号73pにもバリウム被ばくについての記事があります。みんながやっているからといって受けている方は見直しも検討してみてください。

先進国を中心に「医療」が大きな転換期を迎えている。病気を患ってからの「治療」ではなく、「予防」の段階に力を注ぐほうが国民の健康寿命は延び、医療費も削減できるからだ。国立病院機構函館病院病院長の加藤元

ARの可能性

ARの記事が印象に残りました。ARの使い道にはこんなものもあるのかと。画像をビッグデータ化した後にARで生産管理とかできそうだなぁ。異常検知とかもできそう。あとHololensにがぜん興味が出てきています。

2013年にKickstarterで話題となったiPadを3Dスキャナーに変えるデヴァイス「Structure Sensor」のポテンシャルを、さらに引き出すアプリ『Canvas』が登場。素早く、安く、簡単に空間や物体を3Dスキャンし、CA

発電所保守、ARが導く 中部電力

 現実世界に映像を重ねて表示する拡張現実(AR)はスマートフォンゲーム「ポケモンGO」で注目を浴びた技術だが、ゲームの専売特許ではない。中部電力は発電所設備の誤操作を防ぐために手順を保守員に伝えたり、ベテランがいなくても新人に教育したりする場面で使えないか研究している。

日経産業新聞2017/1/31 フロンティアビジネス面 

人工知能

人工知能については面白い記事が多いですね。ゴールドマンサックスとAmazonのニュースはかなり衝撃でした。

‪薬の副作用の有無をAIが100%的中、東大 :日経テクノロジー

人工知能による自動化が進むゴールドマン・サックス、人間のトレーダーは600人から2人へ :GIGAZINE

Amazonの“近未来スーパー”のスタッフはたった3人 —— そして大勢のロボットたち | BUSINESS INSIDER JAPAN

こちらは有料記事ですがおもしろい連載です。

グーグル翻訳の進化でわかった「グーグルと人工知能」がヤバい! 最前線ルポ│集中連載第1回 | クーリエ・ジャポン

おもしろかった記事

これは自分がどういう状態か認識することの意義のひとつだなぁと思います。

不安やストレスで心ここにあらず、という状態から一瞬で抜け出す方法がある。それは、身体感覚を通して自分を現実につなぎ止める「アンカリング」だ。

自分を変える努力も大切だけど環境を変える工夫を忘れずに!

こんにちはー! 夢とらしさで遊びたい、コーチはぎたかしです。前回、「僕が自分らしく生きるために身に着けて良かった3つの習慣」という記事を書きました。僕が、まったく時間にもお金にも気持ちにも余裕がなかった頃から、かなりゆとりのある生活ができる

今週読み終わった本

悩みどころと逃げどころ。対照的な二人の対談だからこそいろいろと考えさせられました。「いい人生」とはなんだろうか?

おわりに

ニュースをいろんな媒体でみるようにしてます。媒体によってニュアンスが違ったりするのが面白いですね。言い方ひとつで全然違う印象になります。以下の記事なんかは分かりやすいですね。

米アマゾン:10-12月売上高は予想下回る、クラウド伸び鈍化 – Bloomberg

米アマゾン22%増収 10~12月、クラウド好調  :日本経済新聞

ゆうびんやでした。


ニュースをつぶやいたりしているのでツイッターの方もお試しでも全然かまいませんのでご気軽にフォローしてください。


日記、メモ帳、ライフログなど記録の楽しさを共有する新ブログ「Log is Fun!!」始めました。もしよろしければご覧ください。

記録が幸せへの近道。Log is for Happy!!
スポンサーリンク
336×280レクタングル
336×280レクタングル

おやくにたてましたでしょうか。よろしければシェアいかがですか?

おやくにたてましたでしょうか。よろしければフォローもいかがですか?