食事中にスマホをいじらない方がいい3つの理由。スマホ断捨離「食事編」

スポンサーリンク

スマホがあれば隙間時間を有効に使うことができます。

電車に乗っている間にニュースをチェックしたり、電子書籍を読んだり。

スマホがなくなったら、わたしにとっては生活に支障が出てくるレベルです。

でもふと考えたんです。

スマホを使っているすべての時間は本当に必要か?

ただ単にスマホでSNSなどを見ることでかんたんに得られる刺激がほしいだけなのではないか

例えば家で家族と過ごしているときにスマホをいじっている時間はほとんど必要ないのではないでしょうか。

わたしにとってはスマホよりも家族の優先度が高いはずなのにこれはいけない!

こうおもったのが今年の1月ごろです。

そして家族といる間だけでなくいろいろなタイミングでスマホを使ったり、使わなかったり試行錯誤してみました。

これまでいろいろ試した結果、スマホでの情報収集などよりもスマホを使わない方が有意義だと考えたのが以下の3つのタイミングです

  1. 食事中
  2. 寝る前
  3. 家族といる時間

今回は食事中にスマホをいじらないメリットについてお話します。

1. ごはんがおいしい

まず単純に食事を楽しめます。

たまにおいしいレストランで食べているのにスマホをいじりながら食べている人がいます。

これは本当にもったいないと思います。

せっかくのおいしいご飯ですから、味わって食べるのが一番です。

特に家族に作ってもらったごはんをスマホやパソコンをいじりながら食べるのはやめたほうがいいです。

しっかり味わって一言「おいしい」と食べれば作ってくれている家族も喜びますよ。

2. アイディアがつくりやすくなる

食事を集中して食べるメリットについては以前二つの記事でお話ししました。

昼ごはんを集中して食べるとなぜアイディアがでるのか?

忙しくてもアイディアが欲しい!昼ごはんをアイディア収穫の場へ。昼の自動書記。

食事に集中することで脳のデフォルトモードネットワークを働かせることができます。

アイディアをつくるためには脳のデフォルトモードネットワークが必要ということもこちらでお話ししました。

アイディアが欲しいなら考えるな!?アイディアのつくり方と脳のデフォルトモードネットワークの関係

スマホをいじらないことでアイディアをつくりやすくなります!

3.マインドフルネス!

また食事に集中するということはとてもマインドフルネスなことです。

マインドフルネスの定義は「いまここでの経験に、評価や判断を加えることなく、能動的に注意を向けること」です。

つまり何を食べているのかということに集中することはマインドフルネスな行為となります。

 第1章で取り上げたマインドフルネスには、1粒のレーズンをゆっくり、ゆっくりと噛んで食べ、一瞬一瞬の味覚に集中するというプログラムがあります。  
 これは日々の食事でも実践できることです。一品一品の料理を時間をかけて味わって食べることは、健康によいだけではなく、集中力を高め、感覚を磨くことにも効果を発揮します。その意味では、食事はそれ自体がマインドフルになるためのトレーニングなのです。

「疲れない脳をつくる生活習慣」石川 善樹 location 937

マインドフルネスと聞くと瞑想など特別なことをしなければいけないという思い込みがあるかと思います。

しかし瞑想をしなくてもマインドフルネスな行為をすることができるということが最近わたしも本を読んでわかってきました。

そしてマインドフルネスには様々な効果があります

わたしはよく、「瞑想は脳の基礎力を鍛えるためのベースメソッドです」というふうに説明しています。集中力、想像力、記憶力、意思決定、モチベーション、コミュニケーション能力など、「仕事力全般のパフォーマンス」を向上させる働きが瞑想にはあるのです。

「疲れない脳をつくる生活習慣」石川 善樹 location 127

これはかなり言いすぎな気もしますが、スマホをいじらないで食事をすることでごはんがおいしく食べられて、アイディアもでて、おまけに脳が鍛えられるならこんなにいいことはないのではないでしょうか。

終わりに

今回は食事中にスマホをいじらないメリットについてお話ししました。

次回は寝る前にスマホをいじらない効果についてお話ししたいと思います。

ゆうびんやでした。

▼関連記事

スマホは現代に生きる日本人にはほとんど必需品といってもいいぐらいです。しかしスマホは何でもできる反面、どんどん脱線して時間を食いつぶしていく面も持っています。スマホを使っているのではなく、スマホを使わされているような感覚をお持ちの方も多いの

今回の引用にも使った本です。マインドフルネスなどについてざっと知りたい人にはぴったりだと思います。


日記、メモ帳、ライフログなど記録の楽しさを共有する新ブログ「Log is Fun!!」始めました。もしよろしければご覧ください。

記録が幸せへの近道。Log is for Happy!!
スポンサーリンク
336×280レクタングル
336×280レクタングル

おやくにたてましたでしょうか。よろしければシェアいかがですか?

おやくにたてましたでしょうか。よろしければフォローもいかがですか?