寝る前にスマホを見ない効果が結構すごかった!スマホ断捨離「睡眠編」

スポンサーリンク

前回は食事中にスマホをいじらないメリットについてお話ししました。

食事中にスマホをいじらない方がいい3つの理由

今回は寝る前にスマホをいじらないメリットについてです。

寝る前にスマホはNG

多くの本や研究で寝る前にスマホやパソコンの画面からでるブルーライトで睡眠に影響がでることが言われています。

携帯電話やパソコンも同じです。特に携帯電話のような小さな画面でメール作成などの操作を行うと、 脳内の交感神経の支配が高まります。これによって脳内が興奮状態となり、気持ちが落ち着かなくなります。

また、テレビや携帯電話、パソコンのディスプレイの光を見ることによって、人が眠るための生理的変化をもたらすメラトニンの分泌が抑えられ、睡眠を妨げているとも考えられます

「脳に効く「睡眠学」」 宮崎総一郎 location 1154

ずっと前から知ってはいたんですよね。

それでも「このメガネはブルーライトカットだから大丈夫」なんて思いながら、スマホを寝る前までいじっていました。

わたしと同じように「寝る前にスマホをいじらない方がいいと知ってはいる。でも別にそこまで影響ないでしょ?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

わたしもそう思っていました。

しかしものは試しということで先月から寝る前1時間半ほどの間にスマホをいじったりテレビをみるのをすっぱりやめてみました。

その結果はこうなりました。

深い眠りが増えた

ノンレム睡眠(深い眠り)の割合が増えました!

正直なところもっと早くやっておけばと思ったぐらいです。

睡眠の深さの測定はUP24という腕につけるライフログツールを使って測りました。

こんな形で睡眠時間や眠りの深さを測ってくれます。

睡眠

スマホを見なくなってから1ヶ月の睡眠時間中の深い眠りの割合を、はじめる前1ヶ月と比較してみました。念のため去年の6月とも比較しました。

無題

その結果スマホを寝る前に見ないことで約5%深い眠りが増えました。去年の6月は34.7%ですから季節的な要因はないと考えられます。

私は平均で7時間ぐらい寝ます。5%アップですから20分ほど深い眠りが増えたということです。

実際寝起きもよくなった気がしますが、あくまで個人の感想です(笑)。

ただスマホをいじらなくなったことで、眠りの質が上がったという実感はあります。

ノンレム睡眠の効果

深い眠り(ノンレム睡眠)が増えるメリットはなんでしょうか。

まず脳や体を休めることができます。

ノンレム睡眠は主に、脳を鎮静化し修復させるための睡眠です。この間、脳の活動は低下して、回復と修復に努めています

「脳に効く「睡眠学」」 宮崎総一郎 location 760

また深い眠りのときに考えが整理され、脳がデフォルトモードネットワーク状態になるのでアイディアも出やすくなります。

深い眠りに入ると第1章でお話しした「デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)」になるので、起きているあいだはリンクしない脳内のあちこちにある記憶がネットワーク化されるようになるのです。

「疲れない脳をつくる生活習慣 」 石川 善樹 location 483

アイディアとデフォルトモードネットワークの関係については以下の記事をどうぞ。

アイディアが欲しいなら考えるな!?アイディアのつくり方と脳のデフォルトモードネットワークの関係
新商品の開発、顧客への効果的なプレゼン方法、あるいは家族への誕生日プレゼント。アイディアが欲しいタイミングはいっぱいあるのに、アイディアは都...

他にも睡眠の質が良くなれば健康面や精神面にもいい影響がでることは予想できます。

健康面や精神面が良くなれば1日の充実度もあがるはずですし、充実度があがっている実感はあります。

終わりに

スマホを寝る前にみない効果を実感することができました。

わたしはパソコンで日記などを書くので、スマホをいじらないのは寝る1時間半ぐらいまえからです。

それでも深い眠りが増えると効果がありました。スマホなどをいじらない時間をもっと増やせばより効果があるのかもしれません。

みなさんもぜひ試してみてはいかがでしょうか?

ゆうびんやでした。


睡眠についての基礎知識がまとまっている良書です。


日記、メモ帳、ライフログなど記録の楽しさを共有する新ブログ「Log is Fun!!」始めました。もしよろしければご覧ください。

日記、手帳、メモ帳、ノート、ライフログなど記録の楽しさ、大切さを共有するサイト
スポンサーリンク
336×280レクタングル
336×280レクタングル

おやくにたてましたでしょうか。よろしければシェアいかがですか?

おやくにたてましたでしょうか。よろしければフォローもいかがですか?